クイックスタートガイドー初期設定の手順

導入ガイド

はじめてMaroudを使う方へ向けたガイドです。さあ、ここから始めましょう。

ページめちゃ長いっ!って思うかもしれませんが、9割は画像なのでご安心ください

Maroudのアカウントを作成する

最も簡単なのは、仮アカウントを発行して利用を開始する方法です。手軽に体験するには仮アカウントで十分。もし気に入っていただけたら、その時に正式なアカウントへ変換することもできますので、まずは仮アカウントを使った手順をご紹介します。

アプリがまだ起動していない人は、下のボタンからMaroudアプリを起動します。

Maroudを起動する

「アカウント無しでお試し使用」というボタンがありますので、こちらをクリックします。

仮アカウントでログインする

仮アカウントを使えばE-mailやパスワードの入力不要で利用が開始できます

数秒ほどで仮アカウントが割り当てられ、利用規約の同意画面に切り替わります

利用規約の同意画面

利用規約の同意画面です。同一の内容はhttps://maroud.jp/agreementからも確認できます

同意して進むボタンをクリックします。その後は、アカウントの詳細なデータなどが裏方でセットされるので、5〜30秒ほどお待ち下さい。さて、この作業が終わると、早速Maroudのアプリ画面がバーンと表示されます。

初めてのMaroudアプリ画面

初めてのMaroudアプリ画面。いきなり日報を書くことができますがまずは設定しましょう

 

最初から正式なアカウントを作る場合
仮アカウントではなく、最初から正式なアカウントを作成することも可能です。正式なアカウントを作成するには、ログイン画面にある「アカウントを作成」ボタンをクリックし、E-mailとパスワードを入力してアカウントを作成できます。

E-mailとパスワードを決めてアカウントを作成する

E-mailとパスワードを決めてアカウントを作成する

日報テンプレートやスタッフアカウントの追加など、いろいろな初期設定をします

アカウントの作成、E-mailの認証、利用規約の同意まで終わりました。ここまでは一本道でしたが、ここから先はMaroudを会社の業務に併せて設定をする作業がメインになります。

画面を見てみると、「訪問介護記録」というタイトルの日報テンプレートが表示されています。実際に入力できるし、保存したり集計することも可能です。でも十中八九、御社の業務とこの日報テンプレートは合わないでしょう。

日報テンプレートを会社に合う形へ書き換える

だからまずは日報テンプレートを編集し、自社で必要な日報テンプレートを作成してください。日報テンプレートの編集はメニューの「設定」をクリックし、その中の「日報テンプレート」をクリックします。

サンプルとして用意されている日報テンプレートの編集画面

サンプルとして用意されている日報テンプレートの編集画面

日報テンプレートは最大で20種類まで作成出来ます。業務における流れを確認して、何種類ほどの日報テンプレートが必要になるか棚卸ししてみましょう。例えば訪問介護サービスの仕事であれば

  • 1件1件の訪問内容を書く個別の日報
  • その日一日の終りに書く総括用の日報

の2種類が必要かもしれませんし、より細分化するのであればもっと増えるかもしれませんね。日報テンプレートの作り方に関するガイドは、下のボタンをクリックしてください。

日報テンプレートの編集方法を確認する

社内の従業員も日報を書けるようにアカウントを代理作成する

部下に日報を書いてもらったり、それを読んで承認したり、日報にコメント付けたり、部下同士の日報を集計比較したりしたいのであれば、部下のアカウントを作らなければなりません。

あなたが代理でスタッフのアカウントを作ることで、同じグループに所属し、日報のやり取りができるようになります。

スタッフが1からアカウントを作ってしまうと、独立した1つのアカウントとなり日報のやり取りや顧客の共有ができなくなります。必ず、あなたのアカウントから代理作成するようにしてください。
早速代理作成してみましょう。必要なのはE-mailだけです。パスワードは自動で作られるので、スタッフのパスワードを考える必要はありません。
スタッフのアカウントを作成する

スタッフのアカウントを作成する。E-mailは必須です。名前は空欄でもOK

スタッフアカウントの作成についてはスタッフアカウント管理のページで解説しております。詳しい情報は以下のボタンをクリックしてください。

スタッフアカウントの作成手順を見る

顧客管理の機能が必要なら顧客テンプレートの用意も行いましょう

日報管理だけ使うのであればこの章は不要です

Maroudは日報と顧客管理の2つの側面をもっています。日報テンプレートと同じように、顧客データのテンプレートである「顧客テンプレート」の設定もできます。日報テンプレートのときと同様、必要な項目は会社によって違うので、カスタマイズが前提となっています。

初期の顧客テンプレート

初期の顧客テンプレート。会社によって必要な項目や不要な項目は様々なので自由に設計してください

介護施設をイメージしているので、持病の有無やアレルギーといった、普通の顧客管理では不要な項目が盛りだくさんです。カスタマイズしてね

日報テンプレートのカスタマイズとやり方はほとんど一緒ですが、少しだけ違う点もあります。詳しくは以下のボタンからガイドページへ飛んでください

顧客テンプレートの設定を詳しく見る

もし顧客管理が本当に不要なら、設定から「顧客管理」を無効にすることで画面をスッキリさせることもできます

顧客管理が不要な場合は顧客機能を無効にする

顧客管理が不要な場合は顧客機能を無効にする

このあたりの細かい解説は「ルームの基本情報設定」を参照してください

 

エクセルで作った顧客データが有るのなら、それを一括でMaroudに取り込むことも出来ます

もし顧客データをすでにお持ちでしたら、それを1件1件Maroudに登録するのは大変めんどくさい話です。そんなときは顧客データの一括インポート機能を試してみましょう。エクセルの顧客リストをCSVデータに変換してアップロードするだけで顧客リストがあっという間に取り込めます。

お手持ちのCSVファイルをドラッグアンドドロップします

お手持ちのCSVファイルをドラッグアンドドロップします

あっという間に、顧客リストがにぎやかになりました

CSVインポートで取り込んだ顧客が顧客リストに登録されていることを確認できた

CSVインポートで取り込んだ顧客が顧客リストに登録されていることを確認できた。警告の出ていた郵便番号は、空欄となっている

 

顧客データの一括インポートについて詳しく見る

パソコンで1件1件入力するのはちょっと現実的じゃないよね。だからこの機能を作ったんです

初期設定も終わり、いよいよ日常業務でつかってみよう

日報テンプレートを作り変え、スタッフのアカウントを追加し、顧客データの取り込みが終わりました。細かいところは抜きにして大まかな初期設定はこれで完成です。お疲れさまでした。

あとは日常の業務で、スタッフに日報を書いてもらったり、それを読んだり集計したりする日常業務へ移ります。

日常業務はそんなに難しい作業は有りません。基本的には

といった内容が主な内容になります。操作に迷ったらアプリ画面にある?ボタンをクリックして見てください。公式ガイドの該当ページへジャンプします。

アプリ画面に散りばめられたヘルプボタン

アプリ画面に散りばめられたヘルプボタン

それでもよくわからない場合は、いつでも遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ

ここまで読んでくれてありがとう
今すぐ無料で始められます
E-mailやパスワード不要の仮アカウントですぐに体験できます。 ※継続的な利用の際は正規アカウントへ変換も可能です
導入ガイド
クラウド顧客日報管理 無料あり!