【1行テキスト入力フォーム】日報内のE-mailや名前など1行で入力する項目に最適です

テンプレートを構成する入力フォーム

1行テキストフォームについて

1行テキストフォームの入力イメージ

1行テキストフォームの入力イメージ。リンクタイプによって電話番号やE-mailなどを指定できます

1行だけ入力可能な入力フォームです。改行は出来ません。日報本文中における担当者名や電話番号、メールアドレスなど、1行で書き表せる項目に向いています。

入力必須が有効だと、最低1文字以上の文字が入力されていないと登録できません。基本的なパーツで汎用性も高く、PC・スマートフォン・タブレットなど幅広いデバイスで使いやすい入力フォームです。

住所入力には郵便番号とセットで使える「住所フォーム」も検討してください

リンクの種類を設定する画面

リンクの種類を設定する画面

1行テキストにはリンクタイプを指定できます。リンクタイプには

  • 電話を掛けられるようにする
  • メールを開くようにする
  • Webサイトを開くようにする
  • 自分でAタグを設定する
  • リンクしない(初期値)

の5種類が用意されています。各リンクタイプの詳しい説明は次のとおりです

電話を掛けられるようにする
1行テキストに入力された値は、そのまま電話番号へのリンクとなります。電話アイコンが表示され、電話アイコンをタップすることで直接電話が可能です。
※電話は利用者様個人の電話を利用することになるので、電話代は利用者様負担となります
メールを開くようにする
1行テキストに入力された値は、そのままE-mailへのリンクとなります。メールアイコンが表示され、メールアイコンをタップするとメールソフトが起動します。起動するメールソフトは利用者様の環境設定により変わります。
※電話同様、利用者様個人のメールを利用することになります。
Webサイトを開くようにする
1行テキストに入力された値は、単純なWebへのリンクとなります。ブラウザが起動し、指定されたページが表示されます。起動するブラウザはMaroud利用中のブラウザと同じになります
自分でAタグを設定する
この機能はHTMLの知識がある方を対象としています。1行テキストに入力された値のうち、多くのタグは除去されますがAタグは除去されませんので、任意のリンクを作成することがかのうです
リンクしない
特にリンクの必要が無い場合はこの項目を選んでください。事業種目や代表者名などの通常項目の多くは「リンクしない」を選択することになります。

 

リンクタイプの設定された1行テキストで入力した値はそれぞれリンクが設定されます。例えば顧客テンプレートで「メールを開けるようにする」というリンクタイプをセットしたフィールドに入力した値はE-mailのリンクとなり、クリック操作でメールソフトが起動できるようになります。

リンクタイプを「メール」にしておくとメールソフトが起動する

リンクタイプを「メール」にしておくとメールソフトが起動する

リンクタイプが設定されている項目は青文字で書かれているのでわかりやすいね

もちろん、日報テンプレートで1行テキストにリンクタイプを設定することもできます。

日報にリンクを埋め込むこともできます

日報にリンクを埋め込むこともできます。この画像ではE-mailのリンクをクリックし、メールソフトが起動している様子が映されています

日報の場合は文字の色は変わらず、代わりにリンクボタンが表示されます

【番外編】手動でリンクを設定することもできます

この章はHTMLの最低限の知識が必要です

あまり使う機会はないかもしれませんが、HTMLの知識があればリンクを手動で埋め込むことも可能です。リンクタイプで「自分でAタグを設定する」を選択すると、HTMLタグのうち、Aタグだけ利用が可能になります。

直接Aタグを1行テキストに入力する

利用可能なタグはAタグのみです。それ以外のタグは表示時に無効化されます

実際に提出された日報は次のような表示になります

1行テキストのうち、Aタグで囲われた文字だけリンクが有効になっています

1行テキストのうち、Aタグで囲われた文字だけリンクが有効になっています