ネイルサロンやヘアサロンの顧客対応管理をタブレットやスマホで行う

具体的な利用例

顧客の施術履歴を残すことは、顧客との円満な関係を築く上で重要です。Maroudではタブレットが1台あれば施術前後の写真や会話の内容を簡単に残すことができます

PCが苦手なスタッフもタブレットなら安心ですっ

タブレット1台で本格的な顧客管理を始めることができます

PCが有ったほうがもちろん便利ですが、PCがなくても顧客管理を始めることが可能です。スマートフォンでも動作しますが、お客様とのやり取りをするなら画面の大きいタブレットが理想です。

iPadなどのタブレットが理想ですね。もちろんAndroidタブレットも対応。

つまりタブレットを用意してください

顧客データを共有できるので、タブレットが2台、3台と用意できる場合は複数台あると、効率良く操作可能です。

施術後の写真・手書きのメモ・もちろん選択肢もOK。管理したい項目を自由に設計

オーダーメイドのように顧客対応報告書(もっともらしくいえば、「カルテ」)を自由に設計できます。美容室1つとっても、各店舗によって管理したい項目は様々です。

不要な項目が多すぎて入力が煩わしかったり、逆に必要な項目が足りない!なんて心配はありません。自由に設計できます

ヘアサロンで顧客管理をする際の雛形例

ヘアサロンで顧客管理をする際の雛形例。施術時の天気や気温情報を残すしたいか?と言われると店舗によるとしか言えない

 

上図はサンプルですが、こんな感じで自由に報告書の雛形を設計できます

さっと取り出してぱっと入力。キーボードが苦手な方も安心です

顧客の対応履歴を逐一残すことは結構手間がかかります。キーボード入力が苦手な方は特に文字入力に時間がかかってしまい、結局入力しなくなってしまうかもしれません。

Maroudではペンによるイラスト入力が可能です。イラストの代わりに施術内容や顧客とのやり取りをぱっと手書き入力できます。細かい文章を書くには向いていませんが、代わりに手軽さと速さを得ることができます。

フリーハンドによるイラスト入力

フリーハンドによるイラスト入力が可能です。わかりやすく言うと「お絵かき帳」です。マウスで書いた例ですが、Apple Pencilやタッチパネル対応なら指で入力可能です

Apple Pencilが無くても指がそのままペンになります

この他にも、術後にオーダーされたドリンクの種類など、予め回答が予測可能な項目は「選択肢を使うことでキーボード入力を減らし、効率よく入力できます。

完全にキーボード入力をなくすことはできませんが、このようにカルテのテンプレートを工夫することで、入力業務を極力削減できます。

顧客対応パターンに応じて複数のテンプレートを切り替えて利用できます

顧客の対応内容によって複数のテンプレートを切替可能です

顧客の対応内容によって複数のテンプレートを切替可能です

顧客の対応履歴と一言に言っても様々なものがあります。

  • 来店したのか?
  • 訪問するのか?
  • 電話による問合せがあったのか?
  • オーダーされたコースはなにか?

顧客との対応内容によって、利用するテンプレートを簡単に切替が可能です。美容室を例にすれば、「カットのみ」の場合と、「髪を染める」「パーマを掛ける」といったオーダーによって内容が変わります。あるいは顧客の属性に応じてテンプレートを変えたいこともあるかもしれません。男性ならこっち。女性ならこっち。という具合です。

Maroudではテンプレートを複数種類作成でき、業務内容に応じてテンプレートを簡単に切り替えてカルテ作成が可能です。

例えば「電話あり」といったちょっとした履歴も残したい場合は「電話対応」のようなテンプレートを作っておけばいいのです。施術前に顧客情報を見ると、来店前に電話があったことを担当者が把握できるようになります