CSVの顧客リストを使って一括インポートする手順

導入ガイド

すでに顧客リストをお持ちの方は、その顧客リストを使ってMaroudへ一括登録ができます。ここでは顧客リストを一括でMaroudへ取り込む方法について解説します。

前準備として顧客テンプレートの作成を済ませておきます

お手持ちの顧客リストと、Maroudで作成した顧客テンプレートとCSVファイルのフィールドが一致している必要があります。まだ顧客テンプレートの作成が終わっていない場合は、先に顧客テンプレートの作成を行ってください。

顧客テンプレートってなに?
顧客テンプレートとは名前や住所、生年月日、血液型など、管理したい顧客の項目を設計したテンプレートのことです。Maroudでは顧客テンプレートのカスタマイズができるため、自由な顧客管理が可能です
今回は例として一般的な顧客テンプレートを作成し、これを例に作業していきます。
顧客一括インポートに使用する顧客テンプレートのサンプル

顧客一括インポートに使用する顧客テンプレートのサンプル

そしてCSV化された顧客リストはこちらを利用していきます。

一括インポートに使用するCSVのダミーデータ画像です

一括インポートに使用するCSVのダミーデータ画像です

上画像と同じデータが必要な方は、サンプルダウンロードからダウンロードできます。

この個人情報は疑似個人情報生成サイトさまに作っていただきました。ありがとうございます

まずここで「顧客テンプレート」と「使用するCSVデータ」のフィールド(列)が一致しているか確認してください。

A列からL列までCSVのフィールドと一致しています

A列からL列までCSVのフィールドと一致しています。A〜Dは顧客テンプレートで必須のため色を替えて表示しています

氏名・検索用キーワード・性別・電話番号・携帯電話・メールアドレス・住所・生年月日・出身地・血液型 の項目が顧客テンプレートとCSVファイル双方にきちんと有りましたね。これで前準備は完了です。

写真手書きメモ・ファイルはCSVインポートの際無視されます。CSV側ではこれらのフィールドは除外して作成してください。
顧客CSV上ファイルで必要な列数が知りたい場合は、顧客CSVファイルの雛形をダウンロードして確認可能です

顧客CSVの雛形がダウンロードできます

顧客CSVの雛形がダウンロードできます

実際に作成されるサンプルが確認したい方はこちらからダウンロードできます

色々書いてますが重要なのは「列の数を合わせる」ということです

顧客のCSVファイルを一括インポートをする

前準備で問題がなければ、早速、顧客データをインポートしてみましょう。エラーが発生するときは駄目な箇所も表示されるので、悩むよりまずはやってみましょう!

CSV顧客データをインポートするには、メニューから「設定」▶「顧客インポート」をクリックします。

顧客データのインポート画面を開く

顧客データのインポートはマネージャ権限以上が必要です

インポート自体はとても簡単です。顧客CSVファイルを指定された領域へドラッグアンドドロップするだけです

お手持ちのCSVファイルをドラッグアンドドロップします

お手持ちのCSVファイルをドラッグアンドドロップします

もしタブレットから操作する場合はドラッグアンドドロップではなく、「作成したCSVファイルをここへ〜」の領域をタップし、ファイルを選択することで操作できます。

解説画像はタブレットの枠で統一していますが、CSVインポートはPCで操作したほうが良いです

ドラッグすると同時にCSVファイルを解析し始め、エラーが無いかどうかのチェックが始まります。

警告が1件表示されました

警告が1件表示されましたが、警告を無視してインポートすることも可能です。

顧客CSVファイルを解析し、テーブル上に展開されます。ざっとスクロールして問題がないかを確認してみてください。

人の目で見るエラーとは別に、Maroudが解析した問題点は2段階(警告とエラー)で評価されます。

【警告について】
警告は黄色で表示されるメッセージで、データが空欄だったり、表示形式が正しくないため別の値に置き換えてインポートされる可能性のあるデータに対して発行されます。警告は無視してインポートを実行できますが、できれば問題点を解決してからインポートしてください
【エラーについて】
警告より重大な問題が発生した際に赤色で表示されるメッセージです。CSVデータと顧客テンプレートの項目数が一致していなかったり、入力必須のフィールドが空欄出会った場合などに表示されます。エラーは無視出来ません。エラーがある以上はエラーでない他のデータも含め、インポートは出来ません。エラーを修正後に再度インポートを行ってください
なお今回のエラーは郵便番号の形式が不正のため警告が出力されてしまいました。CSV顧客リストの表示形式は、いくつか守らなければならないルールがあります。詳しいルールについては「CSV顧客インポート前のデータチェック」を御覧ください。
とりあえず今回は警告を修正せずにインポートをしてみます。画面下部の「インポート開始」ボタンをクリックします。

今回取り込む顧客データは100件ですが、5秒ほどでインポートは完了します。

インポートされた顧客データを確認するには、顧客リストを開きます。

CSVインポートで取り込んだ顧客が顧客リストに登録されていることを確認できた

CSVインポートで取り込んだ顧客が顧客リストに登録されていることを確認できた。警告の出ていた郵便番号は、空欄となっている

お疲れさまでした。これで顧客のインポートは完了です。

顧客のCSVファイルを解析中にエラーが出力された場合

普通はこんなにスムーズに行くはずがありません。この手の作業は大体、何かしらのエラーがでると相場と決まっています。いくつか代表的なエラーをまとめました。

また、より詳しいCSVファイルのルールについてはこちらも併せて御覧ください

CSV顧客データの量が多すぎて発生するエラー

コンピュータの処理能力は上限があるため、Maroudではいくつかの上限を設定しています。

  • 一度にインポート可能なデータは500件まで
  • 1顧客の最大文字数は全項目で4000文字以内
  • 1項目の最大文字数は500文字以内

これらの上限に引っかかる場合は、複数回に分けてインポートを行ってください。

CSVのフィールド数と顧客テンプレートの項目数が一致しないエラーが発生した時

顧客テンプレートに使われている項目の数と、用意したCSV顧客リストのフィールドの数(列数)が一致しないとエラーが発生します。前準備で紹介したように数を数えて一致しても、インポート時にエラーが出る場合は、次の点を確認してください。

チェックポイント1:顧客テンプレートに非表示項目が存在していないか確認する

隠し項目が設定されている可能性を排除する

もし隠し項目が設定されていると、CSVインポート時に隠し項目のフィールドも要求されます。そのため、隠し項目の表示を有効にした上で改めて項目の数を数えてください

チェックポイント2:顧客組織が有効になっている場合は無効にするか1列増やす

顧客組織機能が有効だと、CSV顧客ファイルの最終列に「顧客組織」の列が必要になります。CSV側で最後に1列追加しても良いですが、最も手軽な解決策は「顧客組織」を無効化することです。

顧客組織を無効化する

顧客組織はデフォルトで無効化されていますが、何かのはずみで有効にしてしまった場合もあります。要チェックです

また、インポートする顧客の所属先組織が決まっている場合は、顧客CSVの最終列に1列追加し、顧客の所属する組織名を入力することで、組織に紐付けた顧客としてインポートすることも可能です。

顧客CSVファイル(顧客組織を含むモデル)

顧客CSVファイル(顧客組織を含むモデル)

顧客の所属先組織を指定するには前もって顧客組織が顧客組織リストに登録されている必要があります。先に顧客組織の登録を済ませておいてください。顧客組織の詳細はこちら

顧客データのプレビューが文字化けしたり、プレビューがそもそも作成されない場合

ファイル形式が誤っている可能性が高いです。チェックすべき要点は2箇所です

チェック1: ファイル形式がCSV形式になっていることを確認する
チェック2: ファイルエンコードがUTF-8になっていることを確認する

CSVはエクセルで直接開けるので、一見するとCSVなのかエクセルなのか判断が付きません。保存する際、必ず「ファイル形式をCSV(UTF-8)に変更する」ことを忘れずに。

エクセルで編集後、エクセル形式ではなくCSV形式に変換してください

エクセルで編集後、エクセル形式ではなくCSV形式に変換してください

この問題は自前のシステムから顧客リストをCSVエクスポートしたときに発生しがちです。特に一昔前のシステムでは文字コードがUTF-8ではなくShift-JISの場合があるので注意してください

その他のエラー及び警告について

Maroudは様々な入力フォームを備えているため、入力フォームの種類によってはCSVファイルと相性の悪いものもあります。例えば住所入力フォームは「郵便番号」と「住所」を1つのセルに書かなければなりませんが、郵便番号と住所の区切り方法に一定のルールを設けています。このような、各種入力フォームによる少し細かい規則についてはこれ移行の章で解説しています

名前フィールド【システム】

名前はMaroudシステム上で利用されるため、CSVファイルにこのフィールドを用意することは必須です。システム上は名前を空欄で登録可能なので、フィールドさえあれば値は空欄でも可能です

検索用キーワードフィールド【システム】【2文字以上の入力必須】

検索用キーワードは顧客データの検索や、並び替えの際に利用されるため必ず入力しなければならない値です。システム上唯一入力を強制するデータで、最低2文字以上入力してください。

「/[]*~」の5文字は検索に利用できません。

担当者【システム】

担当者のフィールドには、「スタッフ名」または「スタッフID」のどちらかで登録できます。担当者は1つの顧客に対して複数名指定できます。CSVファイルで複数の担当者を表すには、半角スペースで区切ってください。

担当者名を名前で入力する際は、スタッフ管理の画面上に表示されているスタッフ名と一致するようにしてください。

同姓同名のスタッフがいた場合、どちらかに無作為で割り当てられますので注意してください。
担当者の指定には「名前」と「ID」の2通りあります

担当者の指定には「名前」と「ID」の2通りあります

例:スタッフ名によるインポート(CSV)
上田 田中 菊池

スタッフ名の名字と名前の間にスペースがあると、うまく行かないのでインポートのときはスタッフ名に含まれる半角スペースを消しておくか、IDによるインポートを行ってください

スタッフIDを使ったインポートの場合は、同姓同名のスタッフがいても、スタッフ名にスペースが含まれていても問題なく機能します。難点といえば名前からIDへ変換する手間がかかる点です

例:スタッフIDによるインポート(CSV)
AE5hKR2xVsZWHz6l1ZtanRqKtwC3 v7lQWXSi2ISTceqghEEzuq45Wom2

担当者が不要であればこの項目は空欄にしておきます。

メモ【システム】

特に制限はありません。500文字以内で入力してください。不要であれば空欄にしておきます

1行テキストフィールド

特に制限はありません。500文字以内で入力してください。不要であれば空欄にしておきます

住所入力フィールド

住所項目は「郵便番号」と「住所」の2つのデータで構成されます。CSVファイルでは1つのセルに2つのデータを表現できないため、Maroudは「半角スペース」で区切って表現します。

郵便番号と住所の間を半角スペースで区切って入力してください。半角スペースは最初の1文字だけ区切りとして利用されます。2回目以降の半角スペースは無視されるため、住所と建物名の間にスペースが有っても問題ありません

入力例(CSV):
100-0000 東京都〇〇地区〇〇 // ◀この入力が基本スタイルです

100-0000 東京都●●地区 □ビル 301-1 // ◀住所と番地の間にスペースが含まれても2度目のスペースなので無視されます

 東京都□□地区 // ◀郵便番号を省略する場合は、先頭にスペースをいれます

100-1234 // ◀郵便番号のみの登録であれば、スペース不要です

〒(ゆうびんマーク)はつけないこと

選択肢(単回答)入力フィールド

選択肢として用意した単語と、顧客CSVデータ上の単語が一致するようにしてください。

例えば「性別」という選択肢があり、回答が「男性」と「女性」の2種類用意されているケースでは、顧客CSV上に「男性」「女性」以外の値は警告が表示されます。例えば「男」は警告が出力されます(性が抜けてるため)

選択肢(複数回答)入力フィールド

選択肢として用意した単語と一致させる必要がある点は前述の「選択肢単回答」と同じです。単回答と異なり、複数回答が可能です。顧客CSVファイルでは、各選択肢の間に半角スペースで区切ることで複数の選択肢を表現します

入力例(CSV)
回答1 回答2 回答3 // 選択肢に含まれる項目の間に半角スペースを入れてください

複数行テキスト入力フィールド

特に制限はありません。500文字以内で入力してください。不要であれば空欄にしておきます

日付と時刻入力フィールド

日付パーツは「時刻を含める」タイプと「日付のみ」の2種類あります。

日付のみの場合は、時刻が入力されていても無視されます
逆に時刻を含めるタイプで時刻が省略されている場合、00:00が自動でセットされます

日付の形式は(年/月/日)の形式を用いてください。区切り文字には/(スラッシュ)や-(ハイフン)が利用できますが、インポート時には強制的に-(ハイフン)へ変換されます。

日付の入力例(CSV)
1970/8/29 12:31 // 1970-08-29 12:31に変換されます
1995-1-6 16:38 // 1995-01-06 16:38に変換されます
2000-01-35 // 存在しない日付です。2000-02-04 00:00に変換されます
1986/3 // 形式上正しくありませんが、1986-03-01 00:00に変換されます
一九九〇 // エラーとなります。この他全角数字も利用不可

チェックボックス入力フィールド

「on」と書かれているデータにはチェックボックスがONの状態でインポートされます。それ以外はチェックボックスがOFFの状態でインポートされます

チェックボックスの入力例(CSV)
on // チェックボックスがON
   // 空欄はチェックボックスがOFFとなります
yes // on以外の文字はOFFとなります
ON // ONはonではないのでチェックボックスがOFFとなります

数値入力フィールド

エクセルで計算できる一般的な形の数値を指定します。漢数字や、全角数字だと警告が表示されます。数値にカンマは含めないでください(CSVのカンマ区切りと誤認される上、データが文字列として誤認される恐れがあるため)

数値の入力例(CSV)
1234 // 一般的な数値の形です。これはOK
-40 // 負数も扱えます
1.456 // 小数点も扱えます
1,234 // カンマは含めないでください。エラーが表示されます
一二三四 // 数値として認識されません。警告が表示されます

レート入力フィールド

レートの中身は数値のため、CSV顧客リストでは数値で表記する必要があります。またレートには最大値があり、最大値を超えた値は警告が表示されます。数値以外の値を入力しても警告が表示されます。

スライダ式入力フィールド

スライダ式入力フィールドの中身は数値のため、CSV顧客リストでは数値で表記する必要があります。(数値にカンマは含めないでください)レートには「最小値」と「最大値」があり、この範囲を超えた値は警告が表示されます。

範囲入力フィールド

10〜30のように、最小値・最大値の2種類のデータを記録します。CSV上では半角スペースを使って最小値と最大値を区切って表現してください。

スライダー式入力フィールドと同様に上限と下限があり、この範囲に含まれている必要があります。

入力例(CSV)
1 7 // 最小値1、最大値7として登録されます