このホームページはまもなく旧サイトとなります。新しいホームページへ移動する

開始時間〜終了時間を入力して経過時間を自動計算する入力フォーム

テンプレートを構成する入力フォーム
経過時間入力フォーム

経過時間入力フォームでは、開始時刻と終了時刻を入力することで、その経過時間を自動計算する入力フォームです。

所要時間を自動で計算する入力フォームです

経過時間入力フォームは「開始時刻」と「終了時刻」を入力する入力フォームです。開始から終了までの経過時間は、入力フォーム下に自動で表示されます。経過時間は「X時間Y分【ZZ分】」のような形式で表示されます。たとえば10:00〜12:00の場合、経過時間は2時間00分【120分】となります。

単純に作業に要した時間だけを入力すればいいのであれば、数値入力フォームやスライダー式入力フォームでも代用できますが、開始時刻と終了時刻も併せて知りたい場合は、この入力フォームを利用してください。

作業時間の入力は他のパーツでも代用できます

単純な作業時間だけを入力する際は、スライダー式入力フォームや数値入力フォームでも代用できます。明確な時間まで把握したい場合は、経過時間入力フォームを利用します

作業時間入力フォームでは最大が1439分までとなります。

1日は1440分なので、開始時間が00:00、終了時刻が23:59分としたとき、経過時間が1439分となります。

開始時刻よりも終了時刻のほうが時間が小さい場合は、日をまたいだ翌日として扱われます。たとえば開始が23:00で終了時刻が05:00だった場合、終了時刻のほうが小さいので翌日の5時として計算され、経過時間は6時間【360分】となります。

時刻入力フォームは集計が可能です

集計画面イメージ

集計画面イメージ

経過時間入力フォームで入力された結果、求められる作業時間を集計できます。

顧客を基準に日報を集計することで、顧客ごとの作業やサービス提供に要した作業時間を求めることができます。日報テンプレートは自由にカスタマイズできるので、どのような作業時間が業務報告で必要になるのかは、各会社で全く異なるため、この集計画面は1つの例だと思ってください。

日報集計について更に詳しい情報は「日報の集計」を御覧ください。

 

また、CSV出力にも対応しております。CSV出力について詳しくは「日報をCSV出力する」のページを御覧ください。