各種入力フォームの共通設定項目について

Maroudでは様々な入力フォームを自由に組み合わせて、オリジナルの日報テンプレートが作成できます。このページでは各種入力フォームのうち、共通で設定可能な項目を抜き出して解説しています

多くの入力フォームで存在する設定項目を「共通な設定項目」と呼びます

例えば「入力必須の指定」や「タイトル」といった設定項目は、ほとんどすべての入力フォームで設定が可能です。このように多くの入力フォームで設定が可能な項目を「共通設定項目」としています。

逆に特定の入力フォームにしか無い項目は「独自設定項目」です。独自設定項目は各種入力フォームの詳細ページに記載があります

タイトル

タイトルは各種入力フォームの見出しに該当する項目です。タイトルを変更することで、各種入力フォームの見出しが変わります。

入力フォームのタイトルを設定

入力フォームのタイトルは、全ての種類の入力フォームで設定可能な項目です。

実際に日報作成画面では、タイトルに指定した文字が見出しエリアに表示されます

入力フォームのタイトルをセットした結果の表示

プレビュー画面でタイトルが正しく反映されていることを確認します

細かいポイントですが、タイトルは改行が入力できます。

タイトルの幅は狭いので利用シーンは限られます。細かい説明を付したい場合は「ヒント」を使うようにしましょう

入力初期値

入力初期値は日報の作成を開いたとき、最初から入力されている値のことです。例えば選択入力において、最初から1つを選ばせておく状態などに使えます

入力初期値を指定する

入力初期値が指定されると、日報作成の際必ずその値がデフォルトでセットされるようになります。

例えば「平常運行」が基本で、トラブル発生などはめったに起きない場合は、日報作成時に予め「平常運行」にチェックが入っている方が入力の負担を減らせます。

初期値なので、当然トラブルがあれば「トラブル発生」などに書き換えることも可能です。この例では選択肢入力で例示しましたが、様々な入力フォームで初期値の設定が可能です。入力初期値が利用できない入力フォームには、以下の種類があります。

住所入力フォームにおいては、「郵便番号」のみ初期値の設定が可能です。住所については初期値の設定が出来ません。

入力時のヒント

入力時のヒントはタイトルで表示しきれない補足情報を書き足す際に利用できるエリアです。

日報作成時に書くべきことを明確化するためにヒントを使ってください

スタッフが日報作成時に迷ってしまわないようにヒントで明確な指示を書くようにしましょう。

入力時のヒントは、入力フォームの種類によって表示される位置が若干変わりますが、概ね入力エリアの下に表示されます。

ヒントエリアの表示位置

概ね入力フィールドの下にヒントが表示されますが、チェックボックスについては右側に配置されます。

入力時のヒントに指定した値は、データ入力エリアの下エリアに表示されます。入力時のヒント表示エリア例外としてチェックボックス式入力フォームのヒントのみ、、チェックボックスの右側にヒントが表示されます

日報を作成するスタッフが日報作成時に迷ったりしないように、できるだけヒントを付けるように心がけて下さい。ヒントを設定することで、何度も同じ質問をされることがなくなり、双方にとって良い影響があります

専有幅

入力フィールドの専有する幅について

全幅・半幅から選んでください。

日報のテンプレートは1行につき最大で2列まで表示可能です。専有幅はそのパーツが全幅を専有するか、半幅を専有するか指定できます。各種入力フォームは追加するたびに自動で「半幅」が設定されます。文章など長い入力が必要なエリアは「全幅」に切り替えてください。

専有幅の設定によるプレビュー画面

スマートフォンでは専有幅の設定が無視され、全て直列レイアウトになります。タブレットやPCでは全幅が1行で表現され、半幅は1行に2つまでの項目が配置されます

半幅が2個並ぶと1行に2列の入力フォームが格納できます。前幅の場合は1行全てを使用します。半幅が1つだけだと右半分は空欄となります。「半幅・全幅・半幅」のようなレイアウトだと、結局3行使うことになってしまうのでプレビュー画面を確認しながら並び順をうまく調整して下さい。

スマートフォンから日報を作成する際は、画面幅の都合上、全幅、半幅の設定は無視され、全て全幅として扱われます。

画面幅が狭いから仕方ないね

入力の必須

入力の必須を有効にする

入力の必須をONにすると、未入力状態で日報の保存ができなくなります。

スライダー入力フォームとレンジ入力フォームでは入力の必須を指定出来ませんが、それ以外のパーツでは入力必須の指定が可能です。入力の必須が有効になった項目は、条件未達の場合(空欄)警告が表示され、日報の提出ボタンも押せない状態になります

入力必須のエリアに文字が入っていない場合

入力必須の条件を満たさない場合は赤い警告が表示され、保存ボタンも表示されなくなります。

入力の必須は各種入力フォームによって微妙に意味合いが変わります。例えばチェックボックスで入力の必須を指定すると、チェックがONでないと条件が未達となり、入力必須の警告が表示されます。

あまり難しく考えずに、「空っぽなら条件未達」くらいに考えてください

スライド式入力フォーム範囲入力フォームは入力必須の指定が出来ません

非表示

非表示はその名の通り、通常の日報作成時に項目が表示されなくなります。非表示中の項目は表示されませんが、下に続く入力フォームが詰めてきますので、専有幅の設定によっては余白エリアが生じてしまう可能性があります。

非表示エリアに設定する

非表示エリアに設定すると、日報作成時にその項目が表示されなくなります

日報を作成する際は、デフォルトで非表示項目が非表示になっています。

非表示項目について

非表示項目に指定した入力フォームは通常、表示されません。

隠し項目表示のチェックをONにすると、非表示項目が表示されます

非表示中の入力フォームを表示する

非表示中の入力フォームを表示する

非表示項目は「見えなくする」だけであり、ほんとうの意味で隠すわけでは有りません。権限の一番低い「メンバー権限」であっても非表示項目を表示することができます。

用途としては、普段はあまり入力の必要が無いが、時々必要になる項目を非表示するといったケースや、後述する「簡易参照」と組み合わせて集計やCSVエクスポート用に利用することを想定しています

非表示項目を入力必須にすると混乱の元となるのでやめましょう

集計する

この項目は集計が可能な入力フォームにのみ、表示されます。「集計する」のチェックをONにすると、日報集計画面において自動で集計した答えが表示されます。

簡易参照

簡易参照は他の入力フォームの値が入力されたことをトリガーとして発動し、自身の値を書き換える機能です。簡易参照については情報量が多いため、専用のページを用意しております。詳しくは「簡易参照」のページをご覧ください