チェックボックス式入力フォーム

日報テンプレートを構成する各種入力フォーム

Yes/Noのように2択で回答できる設問に最適なチェックボックスを日報に埋め込む

チェックボックスによる入力フォーム

回答が「YES」か「NO」の2択で済むような項目ならチェックボックスが最もシンプルでわかりやすい入力方式となります

チェックボックスとは四角い箱の形をした入力フォームです。設問に該当する場合はチェックボックスにレ点を書き、該当しない場合は空欄にしておくことで入力を行うことができます。

いわゆる「チェックシート」などで多く用いられる入力方式であり、直感的でわかりやすく、日報作成者にとって入力の負担も少なくすることが可能です。シンプルな入力方式のため、PCはもちろん、スマートフォンやタブレットとの相性も抜群です。

タップするだけで簡単に入力できるので日報入力が少し楽だね

とても便利な入力方式のチェックボックスを、日報のテンプレートに組み込むことが可能です。もちろんプログラミングの知識は一切不要です。

チェックボックスでは2択までしか入力出来ません(ONかOFF)。もし3種類以上の回答を必要とする場合は、選択肢入力フォームをご検討下さい。例えば体調が「良い・悪い・普通」のように3種類回答がある場合は選択肢入力フォームでないと不可能です。

日報作成者がチェックボックスの意味を理解できるように説明を付して下さい

チェックボックスはシンプルですが、どのようなときにチェックをいれるのか?がはっきりわからないと意味が有りません。会社のスタッフが日報作成時に迷ってしまうことがないように、チェックボックスには説明を記入できる「ヒント」項目があります。

チェックボックスの入力ヒントについて

チェックボックスの入力ヒントとタイトルの表示される位置

タイトル項目でもチェックボックスに対する説明は書くことができますが、タイトルエリアの表示幅は狭いため、タイトルエリアに長い説明を書くことは不向きです。ヒントエリアではチェックボックスのすぐ右側に説明文が流れ込むため、チェックボックスに対する説明に向いています。

チェックボックスの入力ヒントは右隣に表示されます

チェックボックスの入力ヒントは右隣に表示されます。タイトルはグレーの背景エリアです。

他の多くの入力フォームでは、ヒントの表示は下部になりますが、チェックボックスは右隣になります

チェックボックスに入力された値は【日報集計】から集計が可能です

チェックボックス入力フォームが含まれた日報を提出した際は、チェックボックスの状態をそれぞれ集計することができます。チェックボックスの状態は以下の3種類あります

  • ON(チェックボックスにレ点が入った状態)
  • OFF(チェックボックスが空欄の状態)
  • 未定義(データが存在しない場合)

通常は、ONまたはOFFだけが日報集計画面に表示されることになりますが、稀に「未定義」が集計に加算されることがあります。この「未定義」とは何のことか少しわかりにくいかもしれません。OFFと未定義はシステム上、明確に異なります。

未定義とは「日報を提出後に、日報テンプレートが修正されてチェックボックスの設問が追加されたとき」のことです。

設問が存在しないときに提出された日報のため、設問に対してそもそも「YES・NO」で回答をしていないため、「未定義」としてカウントされます。

実際に次のような日報のテンプレートを作成しました。

チェックボックス3種類の日報を例に集計します

チェックボックス3種類の日報を例に集計します

右下のハートアイコンはレート入力フォームです。今回は使いません

では、実際に日報を3件作成しました。この日報を集計した結果は次のように表示されます

日報に含まれたチェックボックスのON/OFFの回数を集計した画面

日報に含まれたチェックボックスのON/OFFの回数を集計した画面

今回は未定義0ですが、このあとに日報テンプレートを編集して、新しいチェックボックスを増やすと、その項目の集計列は「ON:0 OFF: 0 未定義: 3」となります