顧客リストから一部を抜き出した「マイリスト」を活用する

一般操作ガイド

「たくさんの顧客リストから毎回目的の顧客を探すのは大変」

「目的に応じて顧客リストを作りたい」

「毎月のルーチンワークで決まった顧客に対して何らかのチェックを行いたい」

その悩み、マイリストで解決できるかもしれません

マイリストは任意の顧客だけを集めた自分だけの補助顧客リストです

顧客リストには会社全体の顧客データが入力されるため、場合によって数千件〜数万件といった膨大な顧客が登録される可能性があります。しかし業務内容によっては自分が担当する顧客が明確化されている場合も少なくありません。

自分が担当する顧客が決まっていれば、全体の顧客リストから毎回目的の顧客を探す作業自体、無駄な労力です。顧客リストから自分の担当する顧客だけを抜き出して、オリジナルのマイリストを作成して効率化しましょう。

1つのマイリストには最大100名の顧客を登録できます。マイリスト自体は10種類まで作成でき、自由に切り替えて利用できます。(単純計算で10×100=1000名の顧客をマイリストに保存可能です)

マイリストは顧客リストの補助簿であり、顧客リストから「参照」する形で保存されます。つまり同じデータを使うわけです

 

マイリストに顧客を追加するには、顧客リストからブックマークボタンをクリックします

Maroudでアカウントを作成すると、最初から「マイリスト1」というマイリストが用意されています。この「マイリスト1」は空っぽの状態なので、早速マイリスト1に顧客を追加してみましょう。顧客を追加するには元帳である「顧客リスト」から操作します。

手順はいたってシンプル。追加したい顧客の「ブックマークボタン」をクリックするだけです

顧客をマイリストへ追加する手順

追加したい顧客のブックマークボタンをクリックするとマイリストへ追加されます

一度クリックするとマイリストへ追加され(白抜きのボタンになる)、もう一度クリックするとマイリストから解除されます。

この手順を繰り返してマイリストが作成されます。

たくさんの顧客リストから目的の顧客を探すには「顧客の検索」を活用してください
さて、何件かの顧客をマイリストへ登録したら一度マイリスト画面へ切り替えて、マイリストを確認してみましょう
メニューから「マイリスト」を選択して画面切り替え

メニューから「マイリスト」を選択すると、マイリストの画面へ切り替わります

タブレット・PCの場合は左のメニューから「マイリスト」を選択します。スマホの場合は画面下部の「マイリスト」をタップします。

マイリストの表示形式にはカード式とテーブルレイアウトがあります

マイリストの表示形式は「表示切替」から変更可能です。一般的にはカード式がスマートフォン向け、テーブルレイアウトがPCやタブレット向けですが、お好みで自由に切り替えが可能です。

テーブルレイアウトの例▼

マイリストーテーブルレイアウトの例

マイリストーテーブルレイアウトの例

カード式レイアウトの例▼

マイリスト-カード式レイアウトの例

カード式レイアウトはスマートフォンと相性の良いレイアウトですが、タブレットやPCでも利用可能です

 

顧客の表示フィールドを任意に設定可能。マイリストのフィールド設定は保存されます

表示レイアウトが「テーブルレイアウト」の場合は、顧客データのうち自身が必要な表示フィールドだけを任意に選んで表示することが可能です。不要なフィールドは非表示となり、見やすくなります。

任意のフィールドだけを表示可能です

顧客データのうち、必要なフィールド(列)だけを任意に設定可能です

表示フィールドの設定は保存されますので、次回、マイリストを開いたときにも同じフィールドの設定が適用されます。また表示フィールドの設定は「マイリスト単位」で保存されるので、マイリストを複数作成する場合に目的に応じた顧客フィールドの表示が簡単です。

元帳となる顧客リストでは表示フィールドの設定は保存できません。設定保存はマイリスト独自の機能です

マイリストに独自のフィールド(作業列)を追加して顧客データを拡張できます

マイリストには「作業列」という機能があります。作業列は顧客データに新しいフィールド(列)を追加します。

具体的な用途を交えて紹介します。例えばマイリストの顧客に毎月1回、電話をする必要があるとしましょう。誰に電話したのかを月ごとに管理する際に、作業列が活用できます。

作業用の列を追加します

作業列追加のボタンをクリックします

作業列の名前と、作業列の種類を選択します。今回は作業列名を「1月電話」種類を「チェックボックス」としました。

作業列の名前と種類を指定します

作業列の名前と種類を指定します。種類は今回変更しません

最後に追加ボタンを押すと、作業列が追加されます。

作業列が追加された

作業列は緑色の見出しで表示されます。カード式とテーブルレイアウトでは表示位置が異なります

さて、追加された作業列は誤って内容が書き換わらないようにロックが掛かっています。作業列にデータを入力するには、ロックを解除してから操作します。

ロックを解除して作業列の内容を変更する

ロックを解除すると作業列にデータの入力ができるようになります。

特にチェックボックスなんかはタップするだけで入力できてしまうので、誤タップを防ぐ仕組みは必須なのです

作業列は元帳となる顧客リストとは別の領域に保存されています。作業列を作成しても顧客データには影響しないため、安心して操作できます

作業列にテキスト入力エリアを追加する

先ほどご案内した作業列は「チェックボックス」でした。しかしチェックボックスはON・OFFの2種類の情報しか記録できません。電話を掛けたけど留守番電話になってしまった。といった詳しい情報までは残すことが出来ません。新しく1行テキストを作業列に追加してみましょう

作業列に新たにテキストフィールドを追加する

作業列に新たにテキストフィールドを追加する

追加の手順は先ほどと同様です。追加種類が「チェックボックス」になっているので、ここを「テキスト」に変更してください。最後に「追加」ボタンをクリックすると、新しい作業列が追加されます。

新しく作業列が追加されました

新しく作業列が追加されました

チェックボックス・テキストの他に、レート式入力フォームもサポートしています。

作業列にレート入力を追加する

作業列にレート入力を追加する

今後のアップデートで種類も増える予定です

不要になった作業列を削除する

作業列はその名の通り「作業するための列」で、一時的なデータの保管用として設計されています。不要になった作業列は、簡単な手順で削除できます。

ずっと残すことを想定するなら、作業列ではなく顧客テンプレートに組み込むべきです

作業列を削除するには、ロックを解除に、ゴミ箱アイコンをクリックします。

作業列の削除

ロックを解除するとゴミ箱アイコンが出現します。削除したい作業列のゴミ箱ボタンをクリックしてください

マイリストから目的の顧客を探したり、フィールドを指定して並べ替えたりできます

マイリストといっても最大で100名の顧客が登録できるため、目的の顧客を見つけるためには検索機能を活用したほうが効率良く見つけることができます。

マイリストの検索機能は「顧客リストの検索」に比べて高機能でなおかつ高速です。これはマイリストの顧客はロード時にすべてダウンロードしているため、検索の都度通信の発生する顧客リストと違い、検索に通信が必要ないためです。

顧客データのほとんどのフィールドが検索の対象となります。名前やふりがなだけでなく、性別、血液型、その他任意に追加したフィールドで検索できます。(一部検索不可のフィールドもあります)

では実際に検索してみましょう。

マイリストから顧客を全文検索する

マイリストから顧客を全文検索する

このように、検索対象のフィールドすべてから検索できます。

フィールドを気にせず検索できるのでとても便利な反面、いくつかの注意点もあります。

検索フィールドの指定は不可能
検索における注意点として、検索フィールドを指定出来ません。仮に「男」と検索すると性別フィールドはもちろん、氏名に「男」と付く顧客もHitします。(例:村男祐奈は性別女性だが「男」でHitする)
作業列は検索の対象外
作業列を使って検索することは出来ません。作業列は顧客データとは異なる領域に保存されているためです。
(例:電話にでんわと検索してもHitしない)
すべてのフィールドで検索が使えるわけではない
一部のフィールドは検索ができないものもあります。例えば写真フィールドや署名フィールドはもちろん検索出来ません。
テーブルレイアウトは表示中の項目のみが検索対象となる
非表示中のフィールドは検索対象外となります。仮に性別フィールドを非表示にして同条件で検索すると、「村男祐奈」しかHitしません。この挙動はカード式レイアウトには該当しません。

顧客の任意のフィールドを基準に並べ替えをする

マイリストに登録された顧客は「検索キーワード順」に並んで表示されますが、任意のフィールドを基準に並べ替えできます。
※並べ替えは「テーブルレイアウト」限定の機能です。

マイリストの顧客を特定のフィールドで並べ替えする

この例は血液型を基準に、昇順で並べ替えた例です

マイリストから目的の顧客を見つけたあとにすること

検索や並べ替えを使い、マイリストから目的の顧客を見つけたらその顧客に対して様々な操作をすることが可能です。日報を書いたり、前回の打ち合わせの内容を確認したり、電話をかけたりといったことが可能です。手続き別に見てみましょう

顧客に対して新しい応対履歴(日報)を作成する

目的の顧客に対して新しく日報を作成できます。日報と表現しますが、その顧客との応対履歴と同じ意味です。
※顧客を指定せず日報を書くことも出来ますが、それは純粋な「日報」となります

顧客とのやり取りを「報告」できて、かつ「履歴として蓄積」できるんだから一石二鳥だよ

日報を作成するには、作成する顧客を見つけて「日報作成」ボタンをクリックします。

目的の顧客を見つけて日報を作成する

目的の顧客を見つけて日報を作成する

日報作成をクリックすると、日報作成画面へ切り替わります。このとき日報と顧客が自動で紐付けられます。

マイリストで選択した顧客がセットされる

マイリストで選択した顧客がセットされた状態で日報作成画面へ切り替わります

日報作成についてより詳しいガイドは「日報作成」を御覧ください

顧客との応対履歴を確認する

前回の打ち合わせ内容をチェックしたい場合や、自分が休みのときに発生したやり取りなどを確認できます。調べたい顧客を見つけたあと、「グラフボタン」をクリックしてください。

顧客との応対履歴を確認するにはグラフボタンをクリックする

顧客との応対履歴を確認するにはグラフボタンをクリックする

ポップアップで選択した顧客のこれまでの日報や、予定が表示されます。

選択した顧客の過去の応対履歴が確認可能

左側に顧客との予定、右側にこれまでの応対履歴日報が並び表示されます

簡易的ですが、日報のテンプレートを1つ選ぶと日報テンプレートに沿って過去のデータを元にしたグラフなどが自動で作成されます。

顧客リストから過去の日報を元にグラフを生成可能

顧客リストから過去の日報を元にグラフを生成可能です。

顧客の応対履歴についてより詳しいガイドは「応対履歴の確認」を御覧ください。

見つけた顧客に対して電話する・メールをする・住所をMapで表示する

顧客テンプレートによっては入力した内容がそのままリンク機能を有するものもあります。

例えば1行テキスト入力フォームでは、テンプレート作成時に「E-mail用」「電話番号用」など目的を指定してテンプレートを作成できます。E-mail用として作成されたデータはマイリスト上、青色の文字で表示され、クリックするとメールソフトが自動で起動します。

顧客のE-mailフィールドをタップするとメールソフトが起動します

顧客のE-mailフィールドをタップするとメールソフトが起動します。電話番号では電話アプリが立ち上がります

電話やメール、地図などはすべてMaroudが提供する機能ではありません。電話をすれば通話料は発生しますし、メールもご自身のメールソフトを通じて送信する仕組みになっています。Maroudが提供するのはそれらの機能へバトンを渡すだけです。地図についてはGoogle Mapへのリンクされます。アプリ内でGoogle Mapが起動するわけではありません。

マイリストから顧客を除外する(削除はされません)

マイリストに登録した顧客が不要になった場合はマイリストから除外できます。マイリストの顧客データは元帳である「顧客リスト」の参照ですので、マイリストから顧客を削除しても、元帳に登録されている顧客は削除されません。

マイリストから顧客を除外するには、下向きの三角ボタンをクリック後、「除外」をクリックしてください。

マイリストから顧客を除外する

マイリストから顧客を除外する。除外であって削除ではありません

一度除外しても顧客リストから再び追加することも出来ます。

複数のマイリストを切り替えて使い分ける

ここまでマイリストは1種類を前提に見てきましたが、マイリストは10種類まで作成ができます。新しいマイリストを作成するには、画面右上の歯車アイコンをクリックし「マイリスト作成」を選択します

新しいマイリストを作成する

新しいマイリストを作成する

新しいマイリストの名前を聞かれますので、好きな名前を入力し、OKボタンをクリックします。

新しいマイリストの名前を決めます

新しいマイリストの名前を決めます。マイリストはあなたしか利用しないため、自分でわかりやすい名前を設定してください

新しいマイリストが作成されましたが、まだ新しいマイリストは空っぽの状態です。最初の手順と同じですが、顧客リストから新しいマイリスト「定期訪問」に顧客を追加していきます。

このとき、追加先のマイリストを新しく作成したマイリストに切り替えることを忘れないようにしてください。

顧客リストからマイリストへ顧客を追加する(新しいマイリストへ)

追加先のマイリストを切り替えた上で、マイリストへ追加する顧客を選択していきます。

マイリストを切り替えると、顧客はもちろん、作業列や表示フィールドも切り替わります。

マイリストを切り替える

マイリストを切り替えると、そのマイリストに登録された顧客や作業列が表示されます。

 

マイリストの名前を変更する

マイリストの名前を変更するには、画面右上の歯車アイコンをクリックし、編集ボタン(鉛筆の形)をクリックします。新しい名前を問われるので、変更する名前を入力すればマイリストの名前変更は完了です

マイリストの名前を変更する

マイリストの名前を変更する

マイリストの並び順は「マイリストの名前順」で表示されます。頻繁に使用するマイリストなどは、名前の先頭に「_(アンダーバー)や.(ドット)」を付けることで、優先度の高いマイリストを上位に表示させることができます。

不要になったマイリストを削除する

作成したマイリストが不要になった場合はマイリストを削除しましょう。右上の歯車アイコンをクリック後に、ゴミ箱アイコンをクリックします。

不要になったマイリストを削除する

不要になったマイリストを削除する

マイリストを削除しても、マイリストに登録されていた顧客データ自体は消えずに、顧客リスト上に残ります。しかしマイリストに追加した作業列は完全に削除されます。