下書きの報告書を清書する

報告書を一度に書き上げられないときは、一旦下書き保存しておき、あとから清書できます。

下書きの報告書はあなた以外見れません

報告書作成の際、「下書き」にチェックを入れて保存するとその報告書は「下書き状態」となり、通常の報告書とは別の、隔離されたエリアに保存されます。

報告書を下書きで保存する

下書きにチェックを入れると下書きとして保存されます

下書きされた報告書は隔離されているため、他のスタッフは下書き状態の報告書を読むことができません。また下書きされている事実も他のスタッフからは把握できません。もちろん、集計結果にも下書きの内容は反映されません。

このままの状態では報告書として正しくないため、後で清書し、正式な報告書として提出する必要があります

下書きの報告書を清書にする

下書きされた報告書は、「下書き管理」から確認できます。

下書きリスト

下書き管理からこれまでの下書き報告書を確認できます

修正したい報告書をクリックして、内容を確認できます。

下書きの報告書を修正する

下書きの報告書を修正する

内容を確認し、「書き上げる」ボタンをクリックすると、報告書作成画面に切り替わります。加筆、修正を行い、通常の報告書と同様に「提出」ボタンを押すことで「下書き」の報告書が正式な報告書として登録されます。

作成された報告書は「報告書一覧」の一番上に表示されます。

たとえ日付が数日前でも、報告書一覧は「提出された順」に並ぶので一番上に表示されます

清書された報告書は下書きから削除されます

当然といえば当然ですが、下書きに保存していた報告書は「提出」することで下書きから消えてしまいます。もし下書きを残したまま報告書を作成したい場合は、「コピーして新規作成」を利用して下さい。

下書きをコピーして利用する

下書きをコピーして利用する

このやり方であれば、下書きも残り、報告書として作成もされます。

一度提出した報告書を下書きにする

もし誤って下書きにしたい報告書を正式な報告書として提出してしまった場合は、「報告書一覧」から修正したい報告書を選び、「修正」をクリックして下さい。

修正の際に「下書き」にチェックを入れることで、一度提出した報告書を「下書き」に変更することが可能です。

ただし他人の作成した報告書を下書きにすることはできません。