顧客リストは登録された顧客の帳簿です

一般操作ガイド

顧客リストはMaroudに登録された顧客を一覧表示する機能のことです。顧客を検索し、過去の応対履歴を確認したり、新しい応対内容を追加するといった基本操作の土台となります

顧客リストには登録されたすべての顧客が表示されます

顧客リストにアクセスするには、メニューから「顧客一覧」をクリックします。

顧客リストの表示方法

顧客リストを表示するには、メニューから「顧客リスト」をクリックします。スマホの場合はメニューが隠れているため、画面左下のハンバーガーメニューをタップして下さい

顧客リストは「検索キーワード順」に並んで表示されます。

顧客リストの表示レイアウトについて

顧客リストは「テーブルレイアウト」と「カード式レイアウト」から自由に切り替えて表示できます。スマートフォンでは自動で「カード式レイアウト」が設定されますが、レイアウト切り替えボタンを押すことでテーブルレイアウトに変更することも可能です。

▼カード式レイアウトの表示例

顧客リストを「カード式レイアウト」で表示した例

カード式レイアウトはスマートフォンと相性が良いレイアウトですが、PCやタブレットで利用することももちろん可能です

▼テーブルレイアウトの表示例

顧客リストを「テーブルレイアウト」で表示した例

顧客リストを「テーブルレイアウト」で表示した例。タブレットやPCで使いやすいレイアウトです

 

テーブルレイアウトでは表示フィールド(項目)を自由に設定できます

テーブルレイアウトにおいては、横1行が1名の顧客を表します。縦1列はフィールドと呼ばれます。フィールドは自身で設計した「顧客テンプレート」に沿う形で展開されます。しかしすべてのフィールドをテーブルに表示すると処理負荷の関係で表示が遅くなってしまうため、デフォルトでは表示フィールドが上から8つまでに減らされています。

必要に応じて表示フィールドを簡単に切り替えることができます。

顧客のフィールドを自由に選択できます

顧客のフィールドを自由に選択できます

上図をみると、「氏名」の次に「性別」が来てますね。間の3フィールドは非表示になります

目的の顧客を素早く検索するいろいろな検索手法

顧客リストの量は使い方や規模によって様々ですが、顧客リストをデータ化することで目的の顧客を素早く見つけることが出来ます。一番オーソドックスな検索が「検索キーワード」による検索です。実際に検索してみましょう。

検索フィールドから顧客を検索する

検索フィールドから顧客を検索する

上の画像は「マツ」という単語で顧客検索をした例です。検索したキーワードの条件に一致する顧客がリストアップされています。

検索キーワードとは、顧客登録時に入力するエリアで、最低2文字以上の入力が必須となります。

検索用キーワードの文字が索引化されて検索可能な文字として記録されます

検索用キーワードの文字が索引化されて検索可能な文字として記録されます

この手順で検索対象となるフィールドは「検索キーワード」のみです。
業務においてどのような検索が必要か?よく検討し、検索に必要な単語を検索キーワードに列挙して下さい。例えば会員IDで検索したい場合などは検索キーワードに「名前+会員ID」のような形で記述することで、名前でも、会員番号でも検索できるようになります。名前に置いても、「ひらがな」「かたかな」「ローマ字」など様々なものが利用できますが、検索の都合上1種類に統一することを推奨します。

顧客リストは最初に20件の顧客データをサーバから読み込みます。ページを下にスクロールし、ページ末尾へ到達すると、まだ読み込んでいない顧客データを追加でロード(20件)します。TwitterやFacebookのタイムラインと同じような感じです。

自分が担当の顧客だけを絞り込んで表示する

業務内容によっては、顧客に対して担当者が明確に決まっているケースもあります。顧客登録時に担当スタッフを設定しておくと、担当スタッフによる絞り込み検索が利用できます。

顧客に担当者が設定されている場合、自身が担当する顧客だけをフィルタする

顧客に担当者が設定されている場合、自身が担当する顧客だけをフィルタする

下へスクロールすると自動で新しい顧客をロードしますが、絞り込みの条件によっては自動ロードが発動しない場合があります。その際は画面下にある「未DLして分を追加DL」ボタンを手動でクリックして下さい。

自分ではなく任意のスタッフの担当者を表示したい場合は、「担当」ボタンをクリックして任意のスタッフ名を選択して絞り込むことができます

任意のスタッフが担当の顧客を絞り込む

任意のスタッフが担当の顧客を絞り込む

 

任意の顧客フィールドから条件を指定して検索する

顧客テンプレートの入力フィールドによっては、検索が可能な入力フィールドがあります。簡単な見分け方として、フィールド見出しのボタンが青色は検索可能、赤色のボタンは検索が不可能となります。

顧客雛形の入力フィールドによって、検索可能か不可能かが別れます

顧客雛形の入力フィールドによって、検索可能か不可能かが別れます

青色ボタンはクリックが可能です。クリックするとフィールドの種類に沿った検索項目が表示されます。例えば上画像の例は、性別をクリックしています。性別は選択肢入力フォームであり、その中に登録されている選択肢が一覧で表示されています。

この他にも「レート入力フォーム」や「スライダー入力フォーム」なども検索可能です

顧客リストから顧客を見つけて、日報を書いたり、過去の履歴を見たりする

さてたくさんの顧客リストから目的の顧客を見つけたら何をするのでしょう?過去の対応履歴を読みたいのか?顧客の会員情報を閲覧したいのか?その顧客データを削除したいのか?

この章では顧客を見つけたあとで行う作業を紹介します

顧客に対して日報を書く(応対履歴の蓄積)

顧客に対して日報を作成すると、その日報は顧客と紐付けられ、後述する「顧客応対履歴の調査」に役立てることができます。顧客リストから日報を作成するには、目的の顧客に対して「日報作成」ボタンをクリックしてください

顧客リストにある「日報作成」をタップする

顧客リストにある「日報作成」をタップする

日報作成をタップすると「日報テンプレート選択画面」へ切り替わります。この時すでに、対象の顧客が自動でセットされています。

日報テンプレートの選択画面へ移動する

日報テンプレートの選択画面へ移動する。この時顧客リストで選んだ顧客が自動でセット済みになる

あとは使用する日報テンプレートを選び、テンプレートに沿って日報を書き上げることで顧客の日報(応対履歴)が作成できます。日報作成の詳しいガイドは「日報を書く」を御覧ください

顧客との応対履歴を確認する

顧客との過去のやり取りを確認したい場合は、顧客リストにある「グラフボタン」をクリックしてください。

顧客との応対履歴を確認する

顧客との応対履歴を確認する。応対履歴は日報として蓄積されます

タップするとポップアップで顧客との応対履歴と、予定データが表示されます。

選択した顧客の過去の応対履歴が確認可能

左側に顧客との予定、右側にこれまでの応対履歴日報が並び表示されます

応対履歴=日報です。応対履歴を日報として書くので、2つの単語は同じ意味です

応対履歴には「電話対応」や「訪問サービス対応」「打ち合わせ」など、様々な種類がありますが、これらは「日報テンプレート」として分類して予め用意しておくことで、応対内容に即した日報が作成できます。

 

表示する日報テンプレートを1つ選ぶと、その日報(応対履歴)だけ表示されます。集計可能な入力フォームがあればグラフかも自動で行います。例えば「サービス作業日報」だけに絞り込むとこんな感じ

顧客リストから過去の日報を元にグラフを生成可能

顧客リストから過去の日報を元にグラフを生成可能です。

顧客応対履歴のより詳しいガイドは「顧客応対履歴」のガイドを御覧ください

 

顧客をマイリストに追加する

マイリストとは全体の顧客リストから、任意に選んだ顧客だけで作成する補助簿(サブセット)のような顧客リストです。マイリストの名の通り、「あなただけ」のオリジナル顧客簿が作成できます。

1つのマイリストに最大100件までの顧客が保存でき、かつマイリスト自体は10件まで作成可能です。組織全体ではなく1ユーザごとにマイリストが作成できます。

顧客リストからマイリストへ追加する

顧客リストからマイリストへ追加したい顧客を選択し、ブックマークボタンをクリックします

マイリストといっても、元帳となる顧客リストとマイリストの間にデータの不整合があっては行けないので、マイリストは基本的に元帳と生る顧客リストを参照する形で形成されます。
顧客毎に担当者が明確に決まっている場合は、マイリストを作っておくことで顧客をいち早く見つけ出しやすくなります。
マイリストについて詳しくは「マイリスト」のページをご覧ください

顧客の情報を修正する

顧客の情報に変更が必要になったら、顧客情報の修正を行います。修正には通常の編集とクイック編集の2種類あります。これらは「画面が切り替わるか・切り替わらないか」の違いがありますが、ほかは一緒です。

顧客情報を修正する

下向き三角ボタンをクリック後、「クイック編集」または「編集」をクリックします

ここでは「クイック編集」をクリックした例として見てみます。

顧客情報の編集画面が表示される

こちらはクイック修正の例。顧客情報の修正画面がポップアップで表示されます。

変更内容を修正の上、保存ボタンをクリックして保存してください。保存せずにポップアップウインドウを閉じてしまうと修正内容は保存されないので注意してください。使い方は顧客新規登録と同じです。

顧客の新規追加についてはこちらを御覧ください。

修正内容が顧客リストに反映されない時もあります。その際は顧客リストを再読込してください

クイック編集ではなく、「編集」をクリックしたときはポップアップではなく、画面全体が切り替わります。

顧客情報を修正する

画面が切り替わり、顧客情報の修正が行えます

 

顧客のショートカットURLを取得する

特定のURLを使うことで、顧客データに直接アクセスすることができます。特定のURLを取得するには「URL取得」をクリックします。

顧客データへアクセスするショートカットリンクの取得

顧客データへアクセスするショートカットリンクの取得

URLはデバイスのクリップボードにコピーされます。WindowsであればCtrl+Vを押すとクリップボードのデータを書き出せます。

URLは次のような形式で記録されます

https://maroud1.web.app/#/?q=1&m=clis&t=Iof9qGi4DsnPq9FkIKmm
セキュリティの関係でMaroudにログインした自社の顧客データにのみアクセス可能です。未ログイン時や他社のデータへはアクセス出来ません。つまり上のURLをみなさんがクリックしても表示は出来ません

メールなどでこのURLを共有し、社内で特定の顧客情報を共有可能です。顧客ショートカットURLをクリックすると1名の顧客だけが表示される画面が表示されます。

顧客へのショートカットリンク

顧客へのショートカットリンクを使えば特定の顧客情報へ即座にアクセス可能

不要になった顧客を削除する

顧客の削除には「メンバー」以上の権限が必要です。ゲストやライター権限では削除出来ませんので注意してください。

不要になった顧客データを削除するには、下向き三角ボタンをクリック後、削除を選択します。

顧客を顧客リストから削除する

顧客を顧客リストから削除する

削除をクリックすると確認のメッセージが表示されます。

削除の確認メッセージ

顧客を本当に削除してよいか確認のダイアログが表示されます。

顧客を削除すると日報の集計や日報の修正で一部影響を受けることがあります

顧客データは日報やスケジュールなどと紐付いている場合があります。もし顧客を削除するとこれらのデータは顧客不在となり、少し特別な扱いになります。

例として「東信生さん」を削除したと仮定して解説します。

まず日報についてですが、1通1通の日報に影響はありません。顧客が削除されても、顧客名は日報に直接埋め込まれているため、そのまま残ります。

顧客を削除後、顧客に紐付いた日報の影響

顧客を削除後、顧客に紐付いた日報の影響範囲。1通1通の日報はなんの影響も受けません

この日報を修正すると、対応する顧客が削除済みのため「顧客なし」として修正されます。

日報の修正については「日報を修正する」を御覧ください。

日報の集計において、集計基準が「顧客」を選択すると影響があります。日報集計では顧客IDから顧客情報を取得して名前を獲得しますが、顧客情報が削除されると名前の獲得が出来ません。そのため、日報集計においては「見つかりません」と、後ろに削除前の顧客IDが表示されます

削除された顧客の日報は集計時に影響がある

削除された顧客の日報は集計時に影響がある

顧客に連動したスケジュールについては影響がありません。削除後もカレンダー上からスケジュールを確認出来ます。

削除された顧客との予定はそのまま残る

削除された顧客との予定はそのまま残る

 

2つ以上のフィールドから検索を行う【応用編】

Maroudはデータベースの制約上、検索が1フィールドに制限されています。2フィールド以上で検索する際は、一旦1フィールドの条件でデータベースから検索ダウンロードしたあと、ブラウザ上で2番めのフィールドの条件に一致するものだけを抽出しています。

つまり通信のムダがここで発生します。仕組み上回避出来ません。ご了承下さい

具体的にいうと、例えば「性別が男性」かつ、「会員のランクが5」の顧客を探すことが出来ません。そのため、一旦「性別が男性」の顧客をダウンロードし、ブラウザ上で会員ランクが5の顧客だけを抽出します。会員ランクが5以外の顧客もダウンロードするため、通信の無駄が発生します。
よって、この場合は「会員のランクが5」の顧客を第1検索に当て、第2検索に性別を指定するほうが全体的な通信量が節約できる可能性があります。
よって、検索条件を複数指定すると、
  • 1番目に指定した検索条件はインターネットのデータベース上できちんと絞り込まれる
  • 2番目移行の条件は一度無視され、ダウンロード後にブラウザ上から選り分けされる

ということです。

さて、この前提を踏まえて複数の条件で検索する手順を見てみます。例えば「性別が女」かつ、「血液型がO型」に該当する顧客を検索してみます

複数のフィールドに条件を指定して顧客を検索する

複数のフィールドに条件を指定して顧客を検索する

特段難しい操作は有りません。「性別」のボタンをクリックして選び、続いて「血液型」のボタンをクリックして検索対象を選ぶだけです。

検索条件の順序によってどの程度の通信量に差が生じるかの実験結果

さて前述の通り、Maroudはデータベースの制約上、検索は1フィールドに限られます。データベースで多くのデータを絞り込めれば、それだけ無駄な通信を減らすことができます。

さて、データベースで「性別」を絞り込み、ブラウザ上で「血液型」を絞り込む場合と、データベースで「血液型」そ絞り込み、ブラウザ上で「性別」を絞り込む場合では、どのくらいの差が生まれたのでしょう。

結果は次のとおりです

性別で絞り込みしたあとに血液型で絞り込む場合

性別で絞り込みしたあとに血液型で絞り込む場合

 

血液型で絞り込んだあとに性別で絞り込む場合

血液型で絞り込んだあとに性別で絞り込む場合

結果は、「血液型で絞り込み」を先に指定したほうが、ダウンロード総数が25件でかなり節約出来ていることがわかります。一方の「性別で絞り込み」した場合は、43件の顧客データをダウンロードしています。

最終的に条件に一致した顧客の総数は13人で一致しています。

なぜこのような差になるかというと、性別で絞り込むと通常は「男」と「女」しかいないため、顧客全体の2分の1をダウンロードする計算になってしまうためです。
対する血液型は「A/B/O/AB」の4種類あり、1つの選択で全顧客の4分の1まで絞り込めます(A型が多いというツッコミはなしで)

長々と書きましたが、1000件程度の顧客数ならあまり気にしなくても誤差の範囲なので大丈夫です。〜数万件のような、大規模な顧客管理が必要ならMaroudよりも、他のカリカリにチューニングされた顧客管理システムのほうが良いよ。

ここまで読んでくれてありがとう
今すぐ無料で始められます
E-mailやパスワード不要の仮アカウントですぐに体験できます。 ※継続的な利用の際は正規アカウントへ変換も可能です
一般操作ガイド
クラウド顧客日報管理 無料あり!