顧客データの新規登録と修正について

一般操作ガイド

 

顧客を新規追加するには顧客用テンプレートに沿って入力します

顧客を新しく追加するには、メニューから「顧客追加」をクリックします。

メニューから「顧客追加」をタップします

メニューから「顧客追加」をタップします

顧客データの入力フォームが表示されます。
基本的にはこの顧客入力フォームに沿って顧客データを入力し、登録するという作業です。それでは顧客入力フォームをすこし詳しく見てみましょう

顧客データの入力フォームについて

画面サイズの関係で、スマートフォンとタブレット・PCでは顧客データの入力フォームのデザインに違いがあります。

顧客データの入力フォームレイアウト

顧客データの入力フォームレイアウト。スマホとタブレットでは見た目が大きく変わります

タブレットやPCでは、項目に対して入力フォームが右に配置される、一般的な入力フォームのレイアウトです。一方のスマートフォンは項目の下に入力フォームが配置される直列型になります。

タブレットでも1列と2列のフォームがありますが、これは顧客テンプレートの「専有幅」の設定によるものです

顧客データの入力フォームによっては、「入力必須」が設定されている項目もあります。入力必須が指定されている項目で空欄があると、エラーメッセージが表示されて登録できません。エラーをすべて回収してください。

入力必須の条件を満たしていないためエラー

入力必須の条件を満たしていないためエラーが発生した例。空欄の箇所を入力することでエラーは消えます

「検索用キーワード」は入力必須です。それ以外の項目は自由に必須・任意の設定が可能です

ではテストで1件の顧客データを入力してみました。

顧客データを入力する

顧客データを入力する

入力が完了したら、右下の「保存」ボタンをクリックしてください。これで1件の顧客が顧客リストに登録されました。入力が完了すると顧客入力フォームはまっさらの状態に戻りますので、このまま続けて顧客を追加することができます。

隠し項目について
隠し項目は顧客テンプレートの設定時に「非表示」として登録されたフィールドのことです。通常は非表示となりますが、「隠し項目を表示」のスイッチをONにすることで表示されます。

隠しフィールドを表示する

隠しフィールドを表示することで、非表示となっていた入力項目が表示されます。

隠し項目と入力必須を組み合わせると「見えていないのにエラーが発生」といったことになるので、併用しないこと

 

顧客の色分けについて

顧客には1名1名に色分けをすることで管理することも可能です。色は「赤・青・緑・紫・灰」の5種類から選択できます。色分けの必要がない場合は空欄のまま登録することも可能です。色分けされた顧客は、顧客リストやマイリスト上で、指定された色で表示されるため視認性が高まります

顧客の色分けについて

顧客に色を指定することで視認性が高まります。色は赤・青・緑・紫・灰から選んでください

登録した顧客データの内容を修正する

顧客データを修正するには、顧客リストから修正したい顧客を見つけ、編集をクリックします。先ほど登録した顧客データを修正してみましょう。

登録した顧客データは「顧客リスト」に登録されます。メニューから「顧客一覧」をクリックし、先ほどの顧客データが顧客リストに掲載されていることを確認してみましょう。見つけることが困難な場合は、顧客リストの検索機能を活用してください。

登録した顧客データが顧客リストに反映されていることを確認する

登録した顧客データが顧客リストに反映されていることを確認する。色分けを「赤」にしたので先ほどの顧客の背景は赤色になっている

目的の顧客が見つかりましたか?今回私は登録時に色分けを「赤色」としたので、背景色で簡単に見つけることができました。

日報作成ボタンの隣りにある下向きの三角アイコン(▼)をクリックし、「クイック修正」をクリックします

登録した顧客のデータを修正する

登録した顧客のデータを修正する。スマホは顧客データがカード式で表示され、タブレットやPCではテーブルレイアウトで表示されます

クイック修正をクリックすると、顧客の編集画面がポップアップで表示されます

顧客データの編集画面。クイック修正版

顧客データの編集画面。クイック修正版ではポップアップで表示されます

内容を修正の上、画面右下の「登録」ボタンをクリックすることで顧客データの修正は完了です。

顧客リストには修正後の顧客情報が反映されます

顧客リストには修正後の顧客情報が反映されます

クイック編集と編集の違い
顧客情報を修正するには「クイック編集」と「編集」の2種類あります。主な違いは「クイック編集」の場合ポップアップで編集画面が表示されるのに対して、「編集」では顧客登録画面へ切り替わるという違いがあります。

顧客リストについての詳しい使い方は、「顧客リスト」のページを御覧ください。

顧客データを入力中にフリーズしたり、誤って閉じてしまったときの救済機能があります

入力中に応答がなくなり、泣く泣く強制終了させたり、申し込みフォームのページでブラウザバックをしてしまい、入力途中の住所や名前が消えてしまった。という経験はありませんか?

Maroudでは入力中のデータを一時的に端末上へ保存しています。入力途中でアクシデントが起こり、再び顧客登録画面を開くと、端末内に記録されているデータを検知して復元するかを問われます。必要に応じて復元してください。

顧客データの入力時は常にバックアップが起動します

顧客データの入力時は常にバックアップが起動します。バックアップは顧客の登録が完了するとクリアされます

一時的なバックアップは端末内に保存されるよ。だからキャッシュクリアするとバックアップも一緒に消えちゃいます

ここまで読んでくれてありがとう
今すぐ無料で始められます
E-mailやパスワード不要の仮アカウントですぐに体験できます。 ※継続的な利用の際は正規アカウントへ変換も可能です
一般操作ガイド
クラウド顧客日報管理 無料あり!